学校案内

CONTENTS

セレクトメニュー

公開情報

緊急のお知らせ 資料請求 公開講座 120周年記念誌 研究シーズ集 学生会 学生寮 新たな取組等 高専大会 入札公告 教職員採用情報 島スクエア 学内ネットワーク

ホーム > 学校案内 > お知らせトップ > 大島丸が地元住民にシャワー設備開放

大島丸が地元住民にシャワー設備開放

 大島商船高専の練習船「大島丸」は、地元周防大島町の住民支援のために、平成30年10月23日から11月30日までの39日間にわたって、シャワー設備(男性用3基、女性用1基)の無料開放を行いました。
  10月22日未明に起きた貨物船衝突事故によって送水管が破損し、町内のほぼ全域で長期間にわたる断水が起きた山口県周防大島町では、毎日の生活に必要な水の確保に給水所に通わなければならないだけでなく、島と島外とを結ぶ大島大橋の通行が規制されるなど、住民は不便な暮らしを余儀なくされていました。「大島丸」ではシャワー設備の利用時間を夜間にしたり開放期間を延長したりするなど住民に寄り添った対応を行い、利用者は延べ1,751名にのぼりました。
 断水は当初予定よりも早く解消され、「大島丸」は11月30日にシャワー設備開放の支援を終えました。なお、後日椎木巧周防大島町長から、町民に対する本校の給水活動等に対し、文書による礼状をいただきました。

大島丸シャワー開放シャワー利用のために大島丸に乗船する地元の子どもたち

ページのトップへ
Copyright(C) 2013. National Institute of Technology, Oshima College. All right reserved.