学校案内

CONTENTS

セレクトメニュー

公開情報

緊急のお知らせ 資料請求 公開講座・教養セミナー 研究シーズ集 国際交流 学生会 入札公告 教職員採用情報 島スクエア 学内ネットワーク

ホーム > 学校案内 > お知らせトップ > 地元小・中学校にて防災出前授業「サバイバルレッスン」開催

地元小・中学校にて防災出前授業「サバイバルレッスン」開催

 平成28年度「専門家と連携した防災出前授業」を実施しました。これは,地元山口県が企画するもので,専門家による出前授業を実施することにより,児童生徒の防災対応能力を育成するとともに,学校の防災対応を支援することを目的としています。

 情報工学科の浦上美佐子教授と一般科目(体育)の幸田三広准教授が講義する防災出前授業「サバイバルレッスン」は,第一のサバイバルである「自分の命は自分で守る」ことをテーマとし,災害発生時にどのようにして自分の命を自分で守るかについて,またその後の行動について焦点を当てながら進めました。その後,地域のハザードマップや家の中のハザードマップの危険・安全エリアの確認やロープワーク演習,防災グッズ紹介等を行いました。児童や生徒は積極的に質問するなど,熱心に聴いていました。

 今年度は,(1)平成28年6月6日に周防大島町立安下庄中学校(全学年54名,教職員)と安下庄小学校(全学年55名,教職員),(2)6月24日に上関町立上関中学校(全学年39名,教職員),(3)6月27日に光市立室積小学校(6年生52名,教職員),(4)7月4日に柳井市立大畠中学校(全学年41名,教職員),(5)7月8日に光市立光井小学校(6年生69名,教職員),(6)7月11日に山口市立阿東東中学校(全学年60名,教職員)で実施しました。今後は,他5校への出前授業が予定されています。

28demae.png

サバイバルレッスンの様子

ページのトップへ
Copyright(C) 2013. National Institute of Technology, Oshima College. All right reserved.