キャンパスライフ

CONTENTS

セレクトメニュー

公開情報

緊急のお知らせ 資料請求 公開講座・教養セミナー 研究シーズ集 国際交流 学生会 入札公告 教職員採用情報 島スクエア 学内ネットワーク

ホーム > キャンパスライフ > クラブ・同好会活動

クラブ・同好会活動

体育系クラブ

写真カッター

 カッターは12名の漕ぎ手に加え、艇長・艇指揮、計14名で行う団体競技です。カッターは元々、船舶の救命ボートとして使用されており、商船高専をはじめ商船系水産系の高校、大学では訓練として使用されています。私たちカッター部は団結し日々の練習に励んでいます。主な大会は全国5商船で行われる全国漕艇大会そして瀬戸内3商船新人戦ですが、下関市や宇部市の市民カッター大会に参加することもあります。

 

写真ヨット

 海の好きな人、ヨットに乗ってみたい人、大島商船ヨット部はこのような人の集まりです。部員25名は厳しい自然に真正面から向き合い、楽しい部活動をつづけています。全国商船高専漕艇大会ヨット競技では5連覇を目指しており、全国高校総体は2年連続出場、昨年は国体少年男女4種目全部出場しました。今年は全国上位入賞を目指しています。

 

写真ラグビー

 今年は、本校での中国大会開催が決定しています。今まで以上に、気合いを入れて頑張りたいと考えていますが、部員少数です。夏の大会終了後のラグビー部への入部支援や応援よろしくお願いいたします。

 

写真サッカー

 5年生キャプテンを中心に、毎日25名のメンバーで、高校レベルの大会(高校総体予選など)から大学レベルの大会(山口県大学リーグ)まで参加しています。

 

バスケットボール 男子

 男子バスケットボール部は、現在、部員17名で、中国地区高専大会優勝そして全国大会出場を目指して練習に取り組んでいます。活動状況は、中国地区高専大会、大学リーグ、また、3年生までは、山口県内の各種高校の大会に出場しています。

 

バスケットボール 女子

 全国高専大会を目指して頑張っています。全国大会へは3回出場し、全国優勝の経験があります。高専大会の他、山口県学生リーグや3年生以下で高校の試合にも参加しています。

 

写真写真バレーボール

 バレーボール部は全国高専大会出場を目標に、日々練習に励んでいます。先輩・後輩の関係も良好で、毎日楽しく練習できています。バレーボール経験者も初心者も顧問も「For The TEAM」の精神でチームの活動に貢献しています。

 

写真硬式野球

 我が大島商船高専野球部は、低学年チ-ムと高学年チ-ムに分かれています。そのような中で、専用球場で5年間ずっと好きな野球ができる素晴らしい環境にあります。1~3年生は甲子園を目指して、高校野球の大会に参加しています。4、5年生は高専だけが参加するトーナメントの大会があり、全国高専大会優勝を目指して頑張っています。

大島商船硬式野球部スケジュール

 

ソフトテニス

 ソフトテニス部は男女混合で活動している部活動です。練習は、レギュラーやそうでない人も混合で練習し、初心者については素振りから指導し上手く試合運びができるようになります。そういう部活なので経験者も未経験者も大歓迎です。

 

写真卓球

 高専の大会、高校の大会、地域の一般向け大会に積極的に参加しているので、一年を通して毎月1回程度の大会への参加機会があり、経験者であれば1年生からでも選手としてどんどん試合に出ることができます。本校に入学してから卓球を始めた部員も多いので、経験者はもちろん初心者の入部も大歓迎です。

 

陸上競技

 部員数約40名と最も多いクラブですが、陸上競技は、競技種目が多いので、ほとんどの選手がどれかの種目に正選手として参加できます。高専大会だけでなく、高体連に加入していますので、目標となる大会が毎月1大会はあります。部員は、高専地区大会、全国高専大会、岩柳大会、山口県体、インターハイを目指して、練習します。強制しなくてもみんな出てきて毎日練習するのがわが陸上部のよいところです。

 

柔道

 国外から見て日本を代表するスポーツと言えば柔道、今や世界に広まっているスポーツが柔道です。柔道が行われている国・地域の数はサッカーと肩を並べる程です。国際人として柔道を身につけることは非常に有意義です。経験の有無、男女を問わず歓迎します。

 

剣道

 中国地区高専大会で、通算10回優勝すると、大会会長からの特別表彰を受けます。本校では初めて剣道部が今年これに王手を賭けます。昨年の中国地区高専大会は団体、男子・女子個人とも優勝しました。近年の全国大会においても団体準優勝、男女個人アベック優勝など多くの入賞を果たしています。高専では5年間、高校生と大学生の世代が一緒に、また近隣の剣友会とも一緒に稽古しますので、初心者でも強くなります。

 

写真空手道

 空手道部は毎年4回程度の大会に出場し、組手及び形の競技を行っています。また、師範からの指導を受けながら卒業まで黒帯の獲得を目標としています。入部すると、高体連及び全日本空手道連盟糸東会の会員となり、各種の大会への出場や昇級審査を受けられる資格が与えられます。空手道部では技術だけでなく、命の大切さ・運動の喜び・礼にかなった行動や社会的規範を身につけることができます。

 

水泳

 年間に数回ある大会で優秀な成績をあげられることを目標に各部員とも頑張っており、特にこの数年は毎年全国大会に複数名が参加してます。興味がある学生は、いつでも大歓迎!来たれ、水泳部へ!

 

バドミントン

 バドミントン部は男女混合で活動しており、経験者、バドミントン未経験者、ラケットスポーツ未経験者と様々な部員で構成されています。そのため、経験者、未経験者、上級生、下級生問わず個々の技術向上のためにチームで日々練習に励んでいます。

 

 

文化系クラブ

吹奏楽

 やっと、総勢およそ20名の部員数になり、学園祭・野球の応援・地区主催の音楽祭などに向けて練習しています。昨年度は、近くの小学校との交流も含めて、楽器の演奏の指導に部員が行きました。

 

写真園芸

 なんと言っても、各教室から一番よく見えるのが中庭の花壇です。今は中庭の花壇の整備を進めています。ニチニチソウ、インパチェンス、サルビア、マリーゴールドなどの苗の植え付けをほぼ終えたところです。これから夏にかけてアサガオ、秋にはコスモスの花が教室から眺めることができるようにしたいと思っています。

 

ESS(English Speaking Club)

 毎週木曜日の放課後、ネィティブを迎え、会話やゲームを通じて、外国語や外国文化に親しむクラブ活動です。部員は本校学生(留学生を含む)を中心に1年生から5年生までで構成されています。クラブは和やかな社交的な雰囲気の中でおこなわれますが、外国文化に対しての関心は高く、語学に意欲的です。毎年、中国地区高専弁論大会に参加し、優秀な成績をおさめています。

 

写真詩吟

 詩吟部は中国の唐詩や日本で幕末や明治時代に多く作られた漢詩に節をつけて歌います。部員は男子15名、女子2名です。毎週水曜日の夜、寮で1時間ほど練習します。部員の目標は、初伝、中伝、奥伝、皆伝と資格を取って行き、卒業するときには名取になることです。光風流宗家廣重光風氏の風の一字をもらって、親からもらった名前以外にもう一つ、自分の好きな名前をつけます。何か特技を身につけたい人に是非お勧めのクラブです。

 

写真コンピュータ

 コンピュータ部は、プログラム開発部門、マルチメディアコンテンツ部門、研究開発部門の3つの部門で活動しています。コンピュータフェスティバル(中国大会)では、自由部門で3連覇を果たし、全国プログラミングコンテストでも活躍しています。また、地域再生をテーマに全員が活動しており、コンピュータ技術を地域に取り入れることも行っています。様々なコンテストで学生は受賞しており、活気のある部です。

 

写真軽音楽

 ステージを見るだけじゃなく、ステージに立ってみたいそこの君!軽音楽部は君達の若いエネルギーを待っています。節度をモット-とした練習を心がけられる学生諸君、軽音楽部で商船祭のヒーローを目指そうぜ!

 

写真写真

 デジタルカメラが普及していますが、部員の多くはこだわりを持ち、モノクロ写真を撮って、自分で現像・焼き付けを行っています。もちろん、カラー写真も撮りますし、デジカメで撮っている部員もいます。部員の作品は、図書館下ロビーに常時展示していますが、商船祭(校内文化祭)での展示やカメラ雑誌への投稿も行っています。

 

写真ロボット研究

 日ごろからロボットなどのものづくりができます。主な大会は、校内ロボコンと高専ロボコン。木材を主とした再使用部品を使い、動くものを作るだけでなく、マイコン制御の方法も勉強できます。ホームページを見てください。

 

同好会

写真天文

 天文同好会は部員数30人ほどで、毎週水曜日、本館北棟屋上の天体観測室にて活動を行っています。天文同好会とは言っても、天体はもとより、惑星・星座・望遠鏡・人工衛星・探査機・ロケットまで扱う宇宙のことなら何でもこいな部活です。対外的には商船祭でのプラネタリウムの展示を足がかりに、学校での公開講座や出前授業を行っていくことを目標にしています。宇宙をベースに、企画力・調整力・プレゼン力が養える部活です。

 

写真茶道

 茶道同好会のメンバーは、ほとんどが初心者です。週1回お稽古に励み、商船祭ではお茶席を設けてその成果を発表しています。また、海外からのお客さんには、茶道を紹介することで日本の文化を伝えています。茶道の所作をとおして、基本的なマナーを身につけることもできます。

 

少林寺拳法

 少林寺拳法は、護身の技術です。したがって、男女を問わず、また体格のあるなしにかかわわらず、相手の攻撃から自分を守ることができます。相手を傷つけたりすることが目的ではなく、どんな相手にも負けない技術を習得することを目指しています。今まで、武道やスポーツをやったことがない人でも日々努力することで身につけることができます。

 

写真和太鼓

 伝統の和太鼓によって、現代の若者の感覚を表現しようと頑張っています。入学式や卒業式、商船祭などの校内行事で演奏するほか、町内各種施設の慰問なども積極的におこなっています。

 

美術

 

 

ページのトップへ
Copyright(C) 2013. National Institute of Technology, Oshima College. All right reserved.